前回の記事は⇒クリック

でも書き記しましたがSEO対策の一つとして

被リンクは昔も今も効果があるというお話をしました

 

ここで先に説明しておきますがリンクには2種類存在します

被リンクに関しては前回の記事で話した通り

外部から自分のブログのURL先を紹介してもらう事です

 

 

それではもう一つのリンクは何のなのか?

それは「発リンク」です。

 

 

簡単に説明しますと今回の記事の冒頭に書き記した

前回の記事は⇒クリック

 

 

つまりは自分のブログ内でURLリンクを書き記し

今見ているこのページから他の記事やもしくは

自分以外の人のブログやサイトに誘導する事を意味します

 

もっと簡単に言えば自分発信の誘導って事です

 

 

自分のページ内で自分のブログの他の記事に

発リンクをすればその記事はとても重要であり

是非とも見てほしい場所だという事を意味します

 

つまりは、こうする事でGoogleなどの検索エンジンに対しても

アプローチする事が出来るのです

 

そして、ブログの訪問者が発リンクからブログ内の

ページを沢山読んでいく事によって検索エンジンに対して

このブログはとても質の高いブログなんだというアプローチになります

 

 

ブログ訪問者の滞在時間が長いという事はそれだけ

ブログ内の記事を多く読んでくれている為、SEO対策として

かなり効果的な意味を成します。

 

 

それとは逆に自分の記事内から発リンクとして他者のブログを

紹介した場合は、当然ながらその他社のブログがGoogleから

評価される事となり他者のブログを強くする事となります。

 

 

まぁ本当に参考にして頂きたいなど

自分自身が尊敬に値する人のブログなら発リンクを飛ばしても

いいでしょうが・・・笑

 

 

当然ながら自分にとってライバルのブログに発リンク

飛ばす事はライバルのブログを強くしていく協力を

していく自滅行為だという事は頭の中にインプットしておきましょう。

 

 

これで被リンク発リンクの意味は理解して頂けたかと思います。

 

つまりは自分のメインとなるブログを検索エンジンで

上位表示させていく為には何をしなきゃいけないのか?

 

答えは簡単ですよね?

 

あなたのブログ内で発リンクを使って記事を沢山紹介していく

私のこの記事の様に

前回の記事は⇒クリック

みたいな感じで発リンクを飛ばしていけばSEO対策になっています

 

 

そして次に被リンクですが

仮にあなたが何らかのSNSをしているのであれば

そのSNSを使ってあなた自身のブログに誘導するように

URLを貼り付けていけばいいのです。

 

 

インスタグラムフェイスブックライン

ツイッターユーチューブ他ブログ etc…

 

要は、肝となるのはシンプルに

考えてみて頂ければいいのですが

いかに自分のブログにできる限りのリンク先の導線を

張り巡らしていくのか・・・

 

 

被リンク発リンクはとても大事になってくる訳です。

 

 

私もLINEタイムラインでこのブログの記事を

紹介したりしています

それも被リンク効果が生まれるわけです。

 

 

ブログ記事を日々、書き上げていく事も大切な事なのですが

発リンク被リンクを利用してSEO対策をしていく様にしましょう。

 

結構、ブログを運営している人達で

有効的に発リンク被リンクを利用している人は少ないものです。

 

 

インプットしたら後は、アウトプットしていくだけです。

少しでもライバル達よりも検索エンジンで上位表示される為に

SEO対策を施していきましょう。

 

 

日々のそういった努力が必ず近い将来、実を結びます。

 

努力はアフィリエイトの世界で裏切る事は決してありません

 

殆どの人達が成果を出さないのは

夢半ばで挫折していくだけの事・・・

 

もっともっと、知識を蓄えていき

その蓄えが知的財産となり知恵へとしアウトプットしていきましょう

 

 

それでは本日は、「被リンク」「発リンク」について

解説させて頂きました。

 

インプットした知識はすぐに実践していきましょう・・・

 

 

 

 

#seo被リンクペナルティ

#被リンク貼り方

#seo被リン2020

#インスタ被リンク

#被リンク掲示板

#アフィリエイト被リンクとは

#YouTube被リンク

#外部対策SEO

#被リンク無料登録

#被リンク相互リンク違い

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>個人で稼ぐ力・・・

個人で稼ぐ力・・・

仕事から志事へ・・・
この時代、個人で稼ぐ力を身に付けなければ 人災、天災が起きた時に
生きていけない それはコロナショックで実感したのではないでしょうか・・・

CTR IMG