失敗が怖いのではない。 失敗した時の人間が「心を腐らせる」のが怖いのだ・・・小説家 岡本かの子 名言

 

失敗が怖いのではない。

失敗した時の人間が「心を腐らせる」のが怖いのだ

 

小説家 岡本かの子 名言

 

 

結果を出せるか否かは、行動力。

 

行動すれば、良くも悪くも、

もれなく結果はついてくる。

 

 

車だって、動かなければ目的地には辿り着けない。

 

遠回りしようが、間違えようが、

とりあえず動けば目的地へ向かう為の

何らかの情報は得られる。

 

 

失敗を恐れて何も出来ないという事はある。

 

しかし、動いてもいないのに

何を恐れるというのか・・・

 

 

「失敗したらどうしよう」

「何かを失うかもしれない」

「笑われるかもしれない」

「期待を裏切ってしまうかも」

 

 

何かと色々、頭はあれこれ考える。

失敗した時の状況を・・・

 

周りの目を、評価を気にしすぎるあまり、

手も足も出せないのだ。

 

けれど、本当は周りが怖いんじゃない。

自分自身が怖いだけ。

 

ダメなヤツめ」と自分で自分に

ダメ人間」の烙印を

押してしまいそうになるのが・・・

 

 

岡本かの子が言うように、自分で自分の心を

腐らせてしまうのが怖いのだ。

 

この社会の大多数の人は何かと

失敗をすれば人に責任転換するか?

その相手を恨むか?

 

大抵の大人はそういう行動に出る

 

その選択、場所、全て自分で決断したにも

関わらず都合よく生きていく

にも関わらず他人や子供には

その反面教師的な事を言い続ける

 

人の事を悪く言わないように陰口はダメだよ

人に責任を押し付けちゃダメ

 

などなど・・・実に滑稽な大人が多い

 

 

出逢いにも感謝

別れにも感謝

 

人の値打ちってのは失敗した時ほど別れの時ほど

見えてくるモノである

 

ありがとう

 

全てこの言葉に集約される

 

このたった一言も言えない人となら

早々にお付き合いを切って良かったと思う方が得策である

 

ありがとう」から始まり

ありがとう」で終わる

 

これが出逢いに感謝、別れに感謝なのである

 

 

 最初から上手く行く事など、そうある事ではない。

 

エジソンだって、一万回も失敗を繰り返し、

かの有名な言葉を残している

 

失敗したのではない。上手くいかない方法を、

一万通り見つけただけだ」と・・・

 

 

人生一度きり。

 

失敗を恐れて何もできないのはもったいない。

 

旅の恥はかきす捨てて、人生という旅を楽しもう・・・

 

 

人生には無駄な出逢いも実に多くあります

 

でも人が好きだから人は出逢いと別れを繰り返し続けます

 

偽物、本物を判別する事はお付き合い

している状況では判断しにくい

 

 

その人の本性が判別できるのは別れの時にこそなのである

 

 

愛無しでは生きていけない人間

されどその愛は簡単には見つけれない

 

受ける心と書いて「

 

受け身で常にいる状況よりも

与える「」も無ければ関係は続かない

 

 

相思相愛という言葉を常に持って

生きていけば先ず心を腐らせず

人生を歩んでいけるはずである

 

 

少なくとも私はそうしている

人を恨む事も責任転換する事も一切しない

失敗しても傷を負っても

全ては自分が選択した道だから・・・

 

 

PS.

 

自分の吐いたセリフには責任を持ちましょう

 

出来ない約束はしない笑

どんな状況だろうと言い訳は出来ない

 

なぜなら時間を戻す事はできないから・・・

 

この世の中、大口を叩く人間が多いダサい野郎と軽い方弁野郎

 

真っ直ぐ清く、潔く

でもそれを証明できるのは行動あるのみ

 

それが有言実行って事

 

 

無限実行って言葉は俺の中には存在しないのだから・・・

 

無しか?有るか?

 

その道を選択した以上、有るしか俺にはない

 

俺は必ず約束は守る

それが俺の生き方だしそれが俺の信念だ

 

俺は自分の信念を曲げず

俺の道をただただ進んで行くだけ・・・

 

最新情報をチェックしよう!
>個人で稼ぐ力・・・

個人で稼ぐ力・・・

仕事から志事へ・・・
この時代、個人で稼ぐ力を身に付けなければ 人災、天災が起きた時に
生きていけない それはコロナショックで実感したのではないでしょうか・・・

CTR IMG