出逢いは事故みたいなモノ・・・

 

俺がここまでこれた本当の理由を省略した上で

今日はお話したいと思います・・・・

 

 

今、現在進行形である大危機で尚一層、

自分の身は自分で

守らなければいけないという事を

改めて思った人は多いのではないでしょうか?

 

 

俺は昨日ずっと自宅に居て今日も日中自宅に居て

流石に耐えられなくなり夜風に当たりにぶらり散歩

 

国があなたを守ってくれない

身内があなたを守ってくれない

 

 

 

 

自分を守るのも愛する人達を守るのも

自分が力をつけるしかないという事

 

 

 

どんなに世間が困窮しても天災、人災が起きようとも

何一つとして変わらず生活できる手段を

身に付けていかなくてはいけない

 

 

俺は16歳の時に親父がクモ膜下出血で倒れて

初めてその時に世間の現実を知った

 

誰も助けてくれなかった

身内と呼べる人達も遠のいていった

 

あの時に芽生えた感情が俺を大きく成長させてくれた

長男として16歳にして家族を支えなきゃいけない

 

使命感が強制的に生まれた

バイトの掛け持ちもした

 

俺に与えられた進路の選択は就職でしかなかった

 

 

だから高校を卒業して手に職をつける為に

内装業の職人の道を選んだ

 

必死で働き続けた

家族を支えなきゃいけなかったから・・・

 

夢なんてなかった

 

ただ、ただ金を稼いで障害を負った親父と

オカンと弟の生活をみなきゃいけなかったから・・・

 

 

26歳の年に親父は天国に行った

葬式なんて初経験で右も左も分からず

病院の事務員の言われるがままの葬儀屋さんに

お任せした

 

落ち込んでいて冷静さを失った俺ら家族の前に

生々しい高額な葬儀代の見積書を見せられた

 

 

きっと病院側と葬儀屋は利得関係で繋がっていたのだろう

 

拒否できる感情的な余裕はなかった

 

動揺している時のあの商売の仕方は残酷そのモノ

 

親父をたらい回しには出来ない人間の弱みをネタにする

悪徳商法そのモノだった

 

他に検討している葬儀屋があればどうぞ」と

担当者に言われ

 

真夜中の1時過ぎパニックを起こしている俺ら家族には

違う葬儀屋など調べて電話する余裕すら無かった

 

270万円を超える莫大な葬儀代

 

親父の生命保険が入ってくるのも死亡者届けを出してから

数週間後になる事もその時知った

 

 

全て現実的に物事が起きてから知る現実がそこにはあった

 

弱者はトコトン痛めつけられる

 

これが世の中の現実なのかと・・・

 

その葬儀の挨拶で俺は初めて人前で涙を流した

 

その涙は俺の親父に対しての涙ではなく

これまでの悔しさと世間の風に対しての涙・・・

 

 

そこから俺は情を一切捨て去り

金儲けして葬儀に参列した身内を見返す為だけに

ひたすら走り続けた。

 

 

それが一番見返す為に手っ取り早い手段だと思えたから

 

でも親父が亡くなったその年に

人間ドックである重大な事が判明する

 

人生なんて本当に訪れる運命を

どう捉えて処理していくかで全てが決まる

 

 

悲観的に捉えず向上心を持てば上手いこといく

 

職人として一生涯働けない事が分かり

次の手段を探す上で出会ったのが

インターネットの世界

 

その当時、ツイッターインスタYouTube

存在してなかった時代

 

 

学歴は無かったしパソコンなんて

見積書や請求書などエクセルぐらいしか触れなかった

 

でも自分の抱え込んだ想い一つを大切にし

諦めるという概念を諦める様にし、捨て去った

 

それで今日まで突っ走てきた

 

 

1年間寝る間も惜しんでパソコンと向き合った

 

その成果が出始めた時の喜びなる

感動は今でも忘れられない

 

 

10分ほどの作業で100万円近くをいとも簡単に

稼ぎ出すレベルにまで達した

 

 

今だから言うが億という売り上げを何度も経験した

 

気が狂った様にネットビジネスに打ち込んだ

 

そして欲しい物は分別関係なく手にしていった

 

 

人間頂点を極めれば調子にのり性格も相当歪んでいきました笑

 

それから月日が流れ色々な事があって

(本当に沢山の濃い人生経験をしました笑)

今の自分があります

 

 

今いるスタッフとの出逢いで

俺自身の性格が良い方向にいったのも事実

 

人間弱さを知る事で強さも知る事ができる

 

そこには本当に俺は感謝していて

やっぱり人は出逢いで変われるんだと思います

 

人脈=金脈だという事

 

 

 

出逢いは事故みたいなモノって言う言葉の

表現を使う人がいますがまさにその通りだと思います

 

 

なぜ、この時にこの人と出逢ったんだろうって・・・

 

でもその出逢いの意味は時間の経過と共に

徐々に形として意味を教えてくれます

 

 

自分にとって大切な人ってのは何なのか?

 

それは守り抜いてあげる事・・・俺はそう思います

 

そんな大切な人が俺にはいます

 

だから俺はどんな事が起きようとも

その人達を守り続けなければいけません

 

その為にも俺は俺らしくいるのがとても大事であって

世間の風が厳しくなろうが動じる事はしません

 

 

俺は俺のペースで行くだけです

この国のシステムに頼る気もありません

 

この国に対して期待もしていません

もっと言えば大切な人以外の事も気にしません

 

 

綺麗事や御託を並べる人は嫌いです

自分が守れるキャパは限られています

 

それが現実であって困った時に助けてくれる人も

身内とは限りません

 

 

俺は16歳の時にその現実を知りました

 

自分の事を守れるのは自分だけだという事

 

 

あなたが今俺と出逢い

そして日々自宅にいながらも稼げているという事は

奇跡的なチャンスを自ら掴んだという事

 

 

俺は自分に関わる人達だけが

幸せになってくれればと思います

 

これが俺の本音です。

 

自分に全く関係ない人達の幸せまで

考える事は出来ないしそんな綺麗事は言いたくないです

 

現実社会はあなたが思うほど甘くは無いし

優しく包み込んでくれるモノではないです

 

 

あなたが明日倒れても

あなたの会社が明日倒産しても

あなたの大切な人が重い病に侵されても

 

親身になって助けてくれる人はいません

それが現実なんです

 

 

だからこそ自分の力で稼ぐ力を

身に付けて欲しいと俺は思います

 

誰かに頼らずとも生きる術を・・・

 

毎日、毎日クダラないマスメディアの情報や

嘘つきの政治家の話を聞くより

もっともっと自分の心に問いかけて欲しい

 

 

孤独な時間を作れる今だからこそ

あなたの心の声を聞いてみてはいかがだろうか?

 

きっと聞こえてくるはずです

自分に正直に生きていこう・・・」ってね

 

夜風にあたりながら記事を書きました

 

孤独な時間・・・本当に貴重だね

孤独と孤立は全く別ですからね笑

 

 

何を信じて誰についていくのか?

 

その見極めだけは間違わない様に・・・

 

俺のこれまでの経験や体験である知的財産はきっと

あなたに与える為だったんだろう・・・

 

 

俺は今日も明日も明後日も笑って生きていきます

そして大切な人達の為に力を尽くしていきます

 

もう少しボーッとしてから帰宅します笑

 

最新情報をチェックしよう!
>個人で稼ぐ力・・・

個人で稼ぐ力・・・

仕事から志事へ・・・
この時代、個人で稼ぐ力を身に付けなければ 人災、天災が起きた時に
生きていけない それはコロナショックで実感したのではないでしょうか・・・

CTR IMG