才能というものの1番のサポーターは、 時間と生き方だと思う。 オーナーシェフ 斉須政雄 名言

 

才能というものの1番のサポーターは、
時間と生き方だと思う。

オーナーシェフ 斉須政雄 名言

 


若いうちから特別な才能を発揮する人がいる。

ところが、ある時期を境にして、
その才能にかげりが出てくる事はよくある。

 

慢心から努力を怠ったか、
もしくは、成長過程で別の何かに
心奪われたか、あるいはたまたま
上手くいっただけという事も。

 

いずれにしても、才能の萌芽を上手く
育てる事ができなかったという事だ。


 
生まれたばかりの新芽はまだまだか弱い。

水も太陽の光も、適度な栄養も必要だろう。

柔らかい葉は虫に食べられてしまう恐れもある。

 

雑草のように強い根をもっているなら、
さほど問題はないのだが・・・

 


 
才能という生き物を育てるには
時間がかかるが、生き方という滋養が
成長を助けてくれる事は間違いない。


 
時間や生き方なしでは、やりたいことの
最後までたどりつかない
仕事に合った生き方を持続できるかできないかが、
 才能の開花を決めるように思います。
 生き方は才能が発芽する為の
バリアのようなものでしょう。
どういう意識で道のりを辿ってきたか、
それによって与えられたご褒美が、
成就する夢なのだろうと思います

 


 
 夢を手にした人達は、一様に同じ事を言う。

才能とは継続する力だ」と・・・

では、継続する為にはどうすればいいのか?


 
ある人が言った。
いつやめてもいいと思ってやるから
続くのですよ」と・・・
 
誰かがやれと言った訳ではない。

 

自分が好きではじめた事なら、
辞める事はいつでもできるし、
本当に好きな事は続くものだ。

 

好きな事であればどれだけ失敗しても
どれだけ傷を負ったとしても何度でも立ち上げれる

 

直ぐに諦める事はあなた自身が本心で
やりたい事ではなかったという証拠

 

 

本当に手に入れたいモノなら
どんな事があっても諦めない

トコトンやりましょう
あなたの本心に嘘、偽りなく正直に生きていきましょう

 


PS.

その世界を知りたければトコトンやり尽くす
その世界を実際に体験してから評価すべき

 

自分に見合った世界なのか?
それとも不適合なのか?

 

中途半端が一番ダメなんだ

だから俺はトコトンその世界を冒険し続ける
飽きたらまた違う世界を冒険してみれば良い

世の中、冒険する世界は沢山ある

 

最新情報をチェックしよう!
>個人で稼ぐ力・・・

個人で稼ぐ力・・・

仕事から志事へ・・・
この時代、個人で稼ぐ力を身に付けなければ 人災、天災が起きた時に
生きていけない それはコロナショックで実感したのではないでしょうか・・・

CTR IMG