俺らのこの住む世界は矛盾だらけ

 

俺らのこの住む世界は矛盾だらけ
そして俺達はこの矛盾だらけの世界で生きている



その事を決して忘れてはいけない

矛盾だらけの世界には
偽善者がその都度生まれてくる




緊急事態になって
正義の杖を振りかざす人もいる
でもどうだろう
見る方向によっては何が正しいのか?
なんて分からない



例えば
人流を止めると言い放つお偉いさん達
映画館や商業施設や百貨店は休業
でも
パチンコ業界らは平然とオープンさせ続けている




医療逼迫という医療関係者の日々の苦労


でも


飲食店や個人店など経営者や
そこに関わる従業員や下請け業者は
死活問題を抱え続ける




不要不急と言いながら
大阪の公務員達延べ2000人以上が
送別会やら飲み会やら




医療逼迫
PCR検査数の少ないこの国
看護士不足の国
オリンピックで看護士500人
1万人以上のオリンピック関係者の毎日の徹底した
PCR検査の実施


どう考えても無理なプロジェクトを
平然と言い放つこの国の首相

矛盾だらけ



そもそも
緊急事態前にしても
この国のPCR検査数は他国と比べ非常に少なく
マスメディアが発表する
感染者数は実際の数よりもかなり少ない



現実的には浮遊感染者数はかなり存在する

俺からすれば
そもそも感染者数は膨大に存在する



緊急事態前も今もだ

正義の杖を振りかざす人達は
生活をする上で困窮していない人が殆ど
明日生きるか死ぬかレベルの人ではない



外出する事が悪というのは違う

生活に困窮して
生きていくには働きにいかないといけないし
経営者の人達も店を開けなければいけない



そこには絶対に消費者の存在が必要不可欠


みんな生活する為に


医療の逼迫も分かる
医療従事者の人達の大変さも分かる



救えない命も救えなくなる
この言葉が重くのしかかかる

こういう状況にさせたのは
そもそもこの国の役人達ではないだろうか?



馬鹿な政策
この一年何をしてきたんだろうか?

全て中途半端な緊急事態というプレーキのかけ方



全ては見方を変えれば
考え方も思いも違う


正義の杖は誰にも存在しない

矛盾が全て生んでいる「正義論」でしかない




緊急事態が解けても
じゃ正義の杖を振りかざしている人達は
ホームステイを徹底するの?



コロナは終息しないし
感染者数は去年よりも圧倒的に多いし
医療逼迫は継続


矛盾だらけの世界で俺達は生きている


凄く窮屈でしがらみと妬みと恨みが
集約されている世界でね


この国の憲法の原則として
行動の自由を制限する事はできないし
それを悪だと表現する事もダメなわけ


矛盾だらけの社会で
矛盾だらけのしがらみの中で
俺達は生きていかなくてはいけない


でも一つ言える事は
明日も来月も来年も生きていかなくては
いけないという事


その人の生活がある
その人の立場がある
その人の人生がある

それを忘れちゃいけない



自分の価値観や思考や想いをもって
人を誹謗中傷する事はあってはならない

自分は自分
他人は他人

人それぞれが
自分の意思に従って
責任をもって生きていけば良い




俺達は神様でもなけりゃ
人の心を押し潰す権利などない


自分の想いに賛同する
そんな人達と理解し合えば良い

十人十色

医療従事者の方も
飲食店など他の経営者も

みんな問題を抱えて
必死に頑張っている



そこには
従業員や家族や守らなけばいけない人達が


だから
自分の思いつきで
他の誰かを誹謗中傷したり批判したり
する事だけはやめよう


みんながみんな
大なり小なり問題を抱えている

矛盾だらけの世界で
俺達は生きているんだからさ



各々が
出来る限りの対策をして
自分の行動に責任を持って
日々生きていく



それで良いんじゃないの・・・

誰も助けてくれないし
最終的には自分で自分を守る以外ない

生きていくには・・・

楽しく
そして
自分の心の声だけを信じて・・・




正しい答えはない
何が正義かもない



矛盾だらけの世界でその都度
生まれてくる偽善者という存在の人達

俺達は矛盾だらけの世界で生きているんだから・・・

自分軸で生きていけば良い

>個人で稼ぐ力・・・

個人で稼ぐ力・・・

仕事から志事へ・・・
この時代、個人で稼ぐ力を身に付けなければ 人災、天災が起きた時に
生きていけない それはコロナショックで実感したのではないでしょうか・・・

CTR IMG